人を乗せる分野の場合

人を乗せる分野は、人とのコミュニケーション能力が大切になってきます。さらに、大切な命を預かっているのでより一層の安全運転を心掛けなければなりません。ここでは、人を乗せる分野のメリットやデメリットなどをお伝えします。

人を乗せる分野のメリット

人を乗せる分野のドライバー職といえば、タクシー運転手やバス運転手などが思いあたるでしょう。特にタクシー運転手は、乗客の方とのコミュニケーションをはかる場合が多いです。乗客を乗せた時間帯や場所によっ…

人を乗せる分野のデメリット

タクシーやバスなど人を乗せる分野の運転手の仕事は、日々様々な客と対応する場面があり、仕事に慣れるまでは人間関係によるストレスが溜まってしまうという問題点があります。特に、普段から人付き合いが得意で…

人を乗せる分野の選ぶポイント

人を乗せるドライバーの仕事ではタクシーやハイヤー、バスのドライバーがもっともポピュラーでしょう。飲酒の機会が増える季節に活躍する、自動車運転代行業などの送迎ドライバーも人を乗せるドライバーの仕事で…

物を載せる分野の場合

物を載せる分野も、コミュニケーション能力が必要です。特に宅配になると、一般の住宅に訪問をするので失礼のないように気をつけなければなりません。こちらでも、物を載せる分野のメリットやデメリットなどをお伝えします。

物を載せる分野のメリット

一口に「物を載せるドライバー」と言っても実は載せる物にはたくさんの種類や分野があります。センターからコンビニにお弁当やパンを配送する仕事、拠点から宅配便を配達する仕事、産地から野菜や肉を運ぶ仕事、…

物を載せる分野のデメリット

トラック運転手をはじめとする物を乗せる分野のドライバーの仕事は、中高年者も採用されやすいことや、免許があればすぐに働けるという魅力があるものの、労働時間が長くなりやすいというデメリットもあります。…

物を載せる分野の選ぶポイント

社内ルールが多い会社を選ぶ

会社内の決まり事である社則が多かったり、厳しかったりする会社を選びましょう。出勤時のアルコール検査や道路交通法違反時の社内での罰則のようなその会社独自のルールです。これらの社内ルールが厳しいと働く側としては、窮屈に感じるかもしれません。しかし、ルールを厳しく決めている会社は、無理な輸送スケジュールは組まないのです。法的速度を守っていては時間内に配送できないスケジュールや、ドライバーの疲労や睡眠時間を無視するような長距離輸送を問題視し、ドライバーの仕事環境を改善する一環として社内ルールを細かく決めます。 トラックにスピードやエンジンの回転数を記録するデジタルタコメーターを搭載することも、ドライバーに法定速度を守るように促すためです。法定速度を守って十分配送が間に合うスケジュールのため、安全にトラックドライバーを続けられます。

長く求人が出ている場合は注意

求人が長く出ている場合は、離職者が多い可能性があるので注意しましょう。ただし、ネット通販の普及で業界全体が人手不足なので、事業拡大のために求人枠を増やしているのかを判断しなければいけません。離職者が多くなる理由としては、配送ルートが複雑な場合や、荷物の手積み手降ろしが挙げられます。複数の場所に配送するスケジュールではルートも複数になり、ドライバーの負担が増えます。同じく荷物の手積みや手降ろしもドライバーの負担になるため、耐えられなかったり、腰を痛めたりするなどで仕事を続けられなくなることもあるでしょう。 逆に荷物は積込み先や配送先が積み降ろしするケースや、配送先が一カ所かつ、主要道路や高速道路を利用するケースはドライバーの負担が少なくなります。